ISUCON公式Blog

ISUCONとはLINEヤフー株式会社が運営窓口となって開催している、お題となるWebサービスを決められたレギュレーションの中で限界まで高速化を図るチューニングバトルです

  
      
  
   

開催日程

   

2023年11月25日(土) 10:00-18:00

  
  
ISUCONの過去問に
チャレンジするための
シンプルな環境構築
商標「ISUCON」利用の
ガイドラインはこちら

2021.08.28 13:25
無事にお手伝いいただける方が集まりました。ご協力いただきありがとうございました。
---
惜しくもISUCON11で予選敗退された皆様へお知らせです。9月4日(土)の午後12時から19時くらいでオンラインで「ISUCON11 本選の事前回答」を開催しますので、ご協力をお願いします!事前回答の当日は本選問題の難易度やボリュームの確認も行いたいので、該当時間中は集中して回答をお願いいたします。

ご参加いただけそうな場合、以下をご確認いただき全て問題なければ応募フォームからお申し込みください。なお、謝礼は出ませんがが運営からオリジナルグッズ(個人スポンサー特典同等)を進呈予定です。
  • 事前回答時の参考実装はGoを予定しています
  • ISUCON11 本選出場者は参加できません
  • ISUCON11 予選に参加した方に限定します
  • 2人または3人チームで参加してください
  • ISUCON11 オンライン予選時と違うメンバー構成でもOKです
  • 2組程度の募集とします
  • 応募が多数となった場合は過去のISUCON参加時の成績を参考に、運営側で選考させていただく予定です
  • 9月4日(土)の午後12時から19時まで他の予定が入らないようご調整ください


  • 応募締切は 9月1日(水) 16:00まで。締め切り前に募集を終了する可能性がありますのでお早めにご応募いただけると大変ありがたいです。お手伝いいただくか否かは締切後すぐにご連絡いたします。宜しくお願いします!

    応募はこちらからお願いいたします。
    ISUCON11 本選の事前テスト回答 応募フォーム

    Read more...

    2021.08.22 14:40 競技環境の操作・削除について追記しました
    -------
    ISUCON11 本選出場者を発表いたします。
    今回のオンライン予選は598チーム、1421名の方にご参加いただきました。

    本選への出場枠についておさらいです。
    ISUCON11 予選レギュレーション, ISUCON11 予選当日マニュアル において、オンラインで開催される本選へ参加する30チームの選出条件は以下となっています。

    ・一般枠 (25チーム):最終スコアにおける上位25チーム
    ・学生枠 (5チーム):学生チームの中で、最終スコアにおける上位5チーム

    それでは予選結果とあわせて、ISUCON11 本選出場30チームを発表いたします。


    一般枠: 上位25チーム


    ・shallowverse
    ・都営三田線東急目黒線直通急行日吉行
    ・NaruseJun
    ・fujiwara組
    ・Oops!
    ・FetchDecodeExecWrite
    ・百万円ドリブン
    ・ウー馬場ーイー2
    ・チーム中目黒乗り過ごし
    ・カレーおじさん
    ・negainoido
    ・焼肉ジャンボチキン
    ・111111
    ・ふんばり温泉チーム
    ・第6西東京市
    ・今年こそは出場
    ・pizza cat
    ・undefined
    ・wakaranduck
    ・ふらんふらん(学生)
    ・aqua Fruits(学生)
    ・四年ぶり二度目
    ・SNE
    ・チーム五年目
    ・俺達の戦いはこれまでだ


    学生枠: 上位25チームを除いた学生上位5チーム


    ・手が3本あるテディーベア
    ・kotamanegi
    ・komorebi
    ・快適PandApex
    ・雑談係

    失格となったチーム


    以下のチームは最終スコアが上位25チームに含まれていましたが、主催者による追試に失敗したため失格となりました。
    ・morupoppo: ISUの画像が表示されない (500)
    ・isucon_friends: conditionの絞り込みで info,warning を指定しても warning しか表示されない
    ・さばかんちゃーはんかれー: ISUの画像が表示されない (404)

    最終スコアの算出について


    最終スコアの算出は事前の告知とは異なりますが、 2バージョンのベンチマーカーを用いて高い方のスコアを最終スコアとして算出しています。この背景とベンチマーカーの差分についてお知らせします。

    まず、競技中に質問があったように、下記のエラーによる減点が発生していました。これは質問の回答にあるように、後述するベンチマーカーの不具合によるものです。また、競技時間中の修正は断念しました。

    http2: server sent GOAWAY and closed the connection; LastStreamID=1999, ErrCode=NO_ERROR
    http2: client connection force closed via ClientConn.Close


    競技時間中に修正はできませんでしたが、ベンチマーカー側に緩和策を用意しました。ただし、これはスコアの変動が予想されたため、緩和策が入ったバージョン (新ベンチ) と競技時間中に利用したバージョン (旧ベンチ) を最終スコアの算出で利用することにしました。

    したがって、最終スコアの算出では、再起動後に旧ベンチと新ベンチ 2 種類で負荷走行を行い、いずれか高い方の点数を採用しています。

    不具合について


    主催者で確認した結果、下記を競技時間中に返答したように、サーバー側からの GOAWAY フレームを受け取った場合のハンドリングが足りておらず、エラー扱いになってしまうベンチマーカーの不具合であることが分かりました。


    この GOAWAY フレームはサーバーが HTTP/2 コネクションを graceful に切断したいことを示すために送信するもので、本来はクライアント側のリトライを期待したものです。クライアントであるベンチマーカー側の挙動を確認した結果、これがエラーとして取り扱われるため、ご指摘の通り不具合となります。
    当該 GOAWAY フレームの送信を極力回避することで workaround できる可能性があります。具体的には、サーバー側で設定されている 1 コネクションあたりの最大リクエスト数などが影響しているケースが考えられ、その設定値を緩和することで回避を期待できます。


    競技時間中の修正を試みていましたが、Go の net/http で当該エラーをハンドリングするのが容易ではなく、リスクが高いと判断しました。

    緩和策として、ベンチマーカーから HTTP リクエストを行う際 HTTP/2 コネクションの共有を抑えることが提案されました。ただしこれはベンチマーカーからのコネクションの数など性質が変わることによりスコアの変動が見込まれたため、競技時間中にそれを反映させることは (競技時間が残り少なかったこともあり) これもリスクが高いと判断しました。

    そのため、上記に示したように 2 バージョンのベンチマーカーを利用して最終スコアの算出を行いました。

    まとめ


    以上です、ISUCON11 本選出場チームは30チームとなり、本選は9月18日(土) オンラインにて行います。
    予選と本選でチームメンバーの交代や追加は出来ませんのでご注意ください。本選出場となった選手の方へはDiscordにてご連絡いたしますので、お待ちください。

    オンライン予選にご参加いただいた皆さん、まことにありがとうございました。全チームのスコア(参考値)は後日公開予定です。

    2021.08.22 14:40 追記
    現時点をもって競技環境の操作や作業の再開、また削除していただいて構いません。競技環境の削除は、各チームで行う必要があります。削除を行わなかったために発生した不利益について、主催者は一切の責任を負いません。
    Read more...

    オンライン会議の背景として使えるバーチャル背景をご用意しました。
    ISUCONへのテンションをあげたり、練習やオンライン予選で使ったりしていただければと思います。
    isucon11_virtual1200
    👉Downloadする
    2Kサイズ相当
    4Kサイズ相当
    8Kサイズ相当

    みんなで使うと、こんなかんじで繋がっているように見えます。連帯感!
    isucon11_all

    なお、サイズの変更はご自由に行っていただいて問題ありません。
    ぜひご利用ください。
    Read more...

    ISUCON11予選参加者向けに、AWSアカウント作成方法や参加者向けクーポン配布の予定についてご案内します。

    ■AWS アカウントの作成方法
    AWSアカウントをお持ちでない方は、以下のリンクの手順通りにAWSアカウント発行を進めてください。
    https://aws.amazon.com/jp/register-flow

    ※AWSが初めての方でも安心してAWSを利用できるよう、Hands-on for beginnersのコンテンツをご用意いただいています
    https://pages.awscloud.com/event_JAPAN_Ondemand_Hands-on-for-Beginners-1st-Step_LP.html


    ■参加者向けクーポンの配布について
    ISUCON11の予選参加者600チームに対し、AWS様より1チームあたり$25USDのクーポンを提供いただく予定です。クーポンの配布方法については、運営からあらためてご案内しますのでお待ちください


    【AWS関連イベントのご紹介】
    開発エンジニアのための日本最大級のカンファレンス「AWS Dev Day Online Japan」が2021年 9月28(火)~ 30日(木)の3日間、オンラインで開催されます。
    クラウドを活用した開発の最新情報と実践的なセッションが多数ラインアップされる予定です。ISUCON参加者が役立てることができるトピックが多数あるそうですので是非ご参加ください!
    aws_devday
    https://pages.awscloud.com/DevDaySavetheDate_Japan_2021.html
    Read more...

    ISUCONってどんな雰囲気なのか、ISUCONって実際なにをどうやるのかを知ってほしい!というわけで「Virtual ISUCON Live」を実施いたします。内容としては「エンジニアVirtual YouTuberの方々にISUCONの問題を解いてみてもらう」&「その様子を出題に関わった人が解説する」といった形になります。


    ■開催日
    2021年7月24日(土) 11:00〜17:00 予定

    ■視聴URL
    https://youtu.be/RAiXiHeRrpU
    ぜひリマインダー設定をお願いします!

    ■概要
    3人のVirtual YouTuberの皆さんにチームを組んでもらい、ISUCON10 本選に挑戦していただきます。(他のISUCONの問題は事前練習としていくつか解いてもらった状態です)本来のISUCONは8時間ですが、今回は5時間で行います。
    3人がそれぞれYouTubeのライブ配信を行い、解説者はその様子を見ながら競技のポイントやスコアの出し方などを解説していきます。基本的には見ながら解説をするだけなので自力で頑張っていただきます。
    どうしても困った、これ以上スコア上がりません!となった場合は、本企画特製のバーチャルお助けボタンを押すことで、解説者がボイスチャットに現れ「ここをこうするといいよ」とアドバイスをしてくれます。

    ■エンジニアVirtual YouTuberのご紹介
    ISUCONについての知識量、普段どんな技術に触れているかなどを自己紹介という形でまとめていただきました。

    糟屋もふ
     実はISUCONにはISUCON11で初めて参加します!この企画を通して参戦する楽しみを知りました!
    普段は、サーバの用意(ansible等)や、各種ログ(nginx等)を解析し改善するお仕事をしています。興味分野は特にネットワークやセキュリティ!エンジニア向けの雑誌や書籍をもくもくしたり、 #インフラ勉強会 に登壇したりしているので、是非チェックしてくださいねっ!

    晴栄リコ
     ISUCONは過去に数回参加していますが、予選を突破できるほどの成果は出せていません。普段はRubyでWebアプリケーションを書いたり、AWSなどのIaaSをいじったりするお仕事をしています。最近はFlutterが気になっているのでアプリをつくるもくもく配信をしています。

    こみっとちゃん
     ISUCONは予選に数回出演したことがあるのでやるべきことはわかっていますが、本戦には進められていません。普段はPerlで動くWebアプリケーションを書いたりしています。Virtual YouTuberとしての活動歴はまだ少ないですが、技術書に関しての雑談配信やゲーム配信などを直近やっていました。エンジニアとしての興味範囲はWeb系で特にサーバサイドが好きです。インフラ方面も興味はありますがこれからゆっくり勉強していきたいです。


    ■解説者の紹介
    yosuke_furukawa
     ソフトウェアエンジニア/Japan Node.js Association 代表理事
     ISUCON10 予選問題作問担当。社内ISUCONの開催経験もあり、ISUCON10 本選の問題内容もそこそこ詳しい。

    orisano
     yosuke_furukawaの同僚、ISUCON10 予選問題作問担当だがISUCON10 本選後の感想戦でトップスコアをマークするくらいどっぷり解いた経験がある。


    当日はYouTube ISUCON 公式チャンネルから配信を行います。
    https://youtu.be/RAiXiHeRrpU
    リマインダーセットをして、ぜひご視聴ください!


    Read more...

    ↑このページのトップヘ