ISUCON公式Blog

WINNER'S PRIZE \1,000,000



   

ISUCON運営担当しております、櫛井です。
皆様お待たせしておりました!ISUCON9 開催決定です、おめでとうございますありがとうございます!

今年も LINE株式会社 主催でお届けいたしますので、優勝賞金100万円ドギャンとご用意いたします。昨年は学生チームが優勝されたことにより「学生1位+優勝賞金で130万円」というISUCON史上最高額の賞金を手にされましたしね、すばらしいです。

さて、今回の問題作成はさくらインターネット株式会社さまと株式会社メルカリさまにご協力いただけることとなりました。やったー!ありがとうございます!
※サーバ提供については調整中…

というわけで今年は
・9月くらいに予選
・10月くらいに本選
というスケジュール感で考えていますが、変わる可能性も大いにあります。

日程や詳細などはこれから決めていき随時発表させていただきますが「ISUCONちょっと出てみようかな」と考えている皆さん、チームメンバーを今から探しておいてくださいね!今年もお一人様参加枠をご用意する予定ですが、是非チームで出ていただきたい気持ちです。準備していないとあっという間に締切きちゃいますからね!よろしくおねがいします!

Read more...

お題となるWebサービスを決められたレギュレーションの中で限界まで高速化を図るチューニングバトル、それがISUCONです。過去の実績も所属している会社も全く関係ない、結果が全てのガチンコバトルです。第8回目となった ISUCON のフォトレポートを今年もお届けしたいと思います。

関連エントリ
ISUCON8 開催決定!出題とサーバ提供はあの会社さんだ! #isucon : ISUCON公式Blog
ISUCON8 オンライン予選の参加登録を開始&参加チームとメンバーリスト : ISUCON公式Blog

ISUCON8 本選 Tweet まとめ #isucon - Togetter

9時開場、10時開始というエンジニアにとってはわりと早い時間帯のスタートにも書かわらずバッチリ集合してくださった皆さん。気合い充分です。
DSC06388


準備万端であります



お決まりの「起床に成功した皆さん、おはようございます!」の挨拶から始まり、今回のお題の説明へ。ISUCON本選はちょっとした小芝居的な形で進行します。
DSC06300


Read more...

ISUCON8 本選の利用言語比率を公開します。
ISUCON8 本選は30チームの参加があり、有効回答数は30チームでした。

利用言語比率

利用率の全体ランキングは以下の通りです。利用言語は自由記入で複数入力したチームもありますので合計が回答チーム数を超えます。

Go     18組  60.0%
Python   7組  23.3%
Perl     2組  6.7%
PHP    2組  6.7%
Node.js  1組  3.3%
Ruby    1組  3.3%

参考として優勝した学生チーム「最大の敵は時差」の利用言語はGoでした。


ご参加いただいた皆さんの感想などはこちらにまとめています。
ISUCON8 本選 関連エントリまとめ : ISUCON公式Blog
Read more...

↑このページのトップヘ